社会福祉法人 未来福祉会 上府あおぞら保育園

〒811-0117 福岡県糟屋郡新宮町大字上府683-4
TEL.092-410-0401 FAX.092-410-0421
kaminofuaozora@gmail.com
menu社会福祉法人 未来福祉会へ

園長ブログ

2019.02.14

子どもたちの目の輝きを

今日はもう木曜日

2月も既に折り返し点です

昨日の年中 年長クラスのお別れ遠足

今日は年長クラスの子どもたちと綿の種取り

子どもたちとお話をしながら過ごしていると

時間のたつのを忘れてしまいます

子どもたちは保護者の皆さんの

あたたかい育みで

みんなとてもいい子に育っています

「ありがとうございます」という言葉を

自然に言える子ばかりです

もちろんたまにしか向き合わない私の勝手な見方です

先生たちの日々の保育の中での優しく厳しい教えがあって

子どもたちは社会性を身につけていっているのです

 

このところ虐待問題が国会でも取り上げられるようになりました

「児童相談所」という言葉が頻繁にマスコミから流れ

これまで全く知らなかった人も 当たり前のように話しています

中学校に勤めた3年間 福岡市の児相にとてもお世話になりました

中学生になると自分からSOSを発することができるようになり

学校も対応に迫られ 夜間でも児相に駆け込むこともあります

現実を知るだけに 児相の対応が…といった批評には

ちょっと待って 分かっていってるの?という気持ちになります

 

そもそも児相は子どもについて親や先生たちが相談する機関でした

ここ20年~30年の中で急速に虐待に関する役割を担うようになっていきました

虐待が急に増加したという事ではなく

虐待が社会的に認知されるようになり

「虐待では…?」と気づく人が増え

多くの人が反応するようになったという方が正しいのでしょう

今や年間13万件もの情報や相談が児相に持ち込まれると言われます

9割以上 軽微な事案ということから学校や福祉関係

市民の見守りになるとのこと

全国の児相のほとんどがその職員は

一般職公務員が25% 社会福祉士が約30%

その他には精神福祉士の資格を持つ人等が

専門職として配置されているようです

資格を取得するにも虐待について学ぶ講座はわずかだと言われています

これでは 現在起きているような虐待から子どもの命を救うのは

とても困難だと言えます

虐待に対するチェックはとても難しく

外傷がある無しだけにその判断基準を置いていると

見落とすことが多くあると言われています

家族の機能 家族の力学などからも

子どもが今どのような状態に置かれているのかを

見抜かなければ つい見落としてしまうというのです

子どもを守るには知識とスキルが必要です

児童相談所の強化を というなら

専門性を持つ人材を増やすための施策が必要です

そして 福祉や教育に関わる私たちも

更に専門性を高めないていかないと

こどもの眼の輝きを守ることが難しくなります

子どもを一人の人格として見つめ

こどもらしく明るく元気に

育つサポートをしていく

大人の役割です

 

 

社会福祉法人 未来福祉会 上府あおぞら保育園
〒811-0117 福岡県糟屋郡新宮町大字上府683-4
TEL.092-410-0401 FAX.092-410-0421
kaminofuaozora@gmail.com
メールでのお問い合せ
当園に関するご質問や入園にかんするご不明な点など
お気軽にお問い合わせください。
学校法人 すすき学園 運営施設
花鶴丘幼稚園(古賀市花鶴丘)
やまびこ幼稚園(古賀市米多比)
日吉こども園(古賀市日吉)
花鶴学童保育所(古賀市花鶴丘)
小野学童保育所(古賀市米多比)